秋田県のマスコミ関係者様へ。プレスリリースをご覧ください。

報道関係者様 各位

2018年7月4日

特定非営利活動法人 子どもデザイン教室

 

秋田県の里親啓発を計る「ゆるキャラシンボルマーク」制作発表のご案内

 

親と暮らせない子どもを支援するNPO法人子どもデザイン教室に通う女子高生3人は、来る7月28日㊏から31日㊋まで、秋田市内で開催される東北地区里親研修会会場で秋田県の里子さんらと「里親啓発ゆるキャラシンボルマーク」を制作します。そして、それを秋田県特産の商品・サービスなどに無料でご使用頂くことで、里親の認知啓発を促進し、都道府県別里親委託率ワースト1位の秋田県の里親委託率の改善を計るという社会貢献活動を実施します。

 

●発表の理由

上記の子どもデザイン教室に通う女子高生3人は、このたび秋田公立美術大学主催の「U18クリエイティブキャンプ2018」公募事業の採択団体に選ばれました。本社会貢献活動はその採択事業によるものです。その企画案実施の理由は、秋田県の里親委託率が8.5%と都道府県別で全国最下位だからです。お近くの新潟県が51.1%であるのと比較すると、大変悲しい記録です。

 

●発表の日程

7月29日㊐ 09:00~11:30 東北地区里親研修会会場でレッスン形式でマーク原案制作、

午後 秋田公立美術大学でマーク選出

7月30日㊊ 終日 秋田公立美術大学でマーク完成案制作・発表練習

7月31日㊋ 午前中 秋田商工会議所か秋田市内有力企業を訪問し、ご採用のお願い(未確定)

14:00~15:00 秋田公立美術大学講義室で記者発表

 

●まとめ

ぜひ記者発表にお越し頂き、親と暮らせない子どもが一人でも多く家庭的な里親宅で暮らせるよう、里親啓発にお助けくださいますようお願い申し上げます。

 

●子どもデザイン教室とは

子どもデザイン教室は、2007年から大阪で、親と暮らせない子どもの自己肯定感醸成カリキュラム「遊び×学びレッスン」を実施する特定非営利活動法人です。遊び感覚のデザイン思考レッスンで、社会的養護児童の「生きる力」を育んでいます。このレッスンは「内閣府子どもの未来応援基金事業」に2017年、2018年と2年連続で採択されるなど、数々の受賞歴があります。 

 

●お問い合わせ先

特定非営利活動法人 子どもデザイン教室 代表理事 和田 隆博 携帯電話 090-8888-5156

・〒546-0035 大阪市東住吉区山坂4-5-1・電話 06-6698-4351・ファクシミリ 06-6698-4352

 

・お問い合わせ  お問い合わせフォーム    ・電子メール   info@c0d0e.com