一般家庭向けレッスンのご案内

なぜ、デザインを学ぶのでしょうか?

詳しくはこちらから

 

2018年で創設11年を迎えた子どもデザイン教室は、幼稚園児から大学生にまで繋がる4つのレッスンをしています。名付けて「遊び×学びレッスン」。お絵かき・立体に始まり、キャラクター商品や聞き話す力、自分の将来をデザインする方法を学びます。

 

このレッスンの背景には、頭脳労働者がますます必要とされる社会の到来があります。2045年には人工知能が人間の知性を上回るシンギュラリティ(技術的特異点)が来るといわれます。コンピュータの発達と共に、デザイン(企画設計)力が求められる時代です。そんな時代に教科書を覚えるだけのレッスンは無意味です。

 

子どもデザイン教室では、あえて困難な課題をだします。この課題を通して私たちは、創造的に計画的に、協働的に困難を解決する方法を教えます。なぜなら子どもたちは、創造することも、計画することも、対話することも苦手だからです。しかし、それは能力の問題でなく、ただ経験がないだけのことです。

 

子どもデザイン教室で子どもたちは、自ら学ぶ方法を学びます。そのことが自信や自己肯定感を高め、勉強や生活、さらに、明日をよりよくする力をつけます。そして、おとなになったとき、自分の人生が設計できる人、「自分デザイナー」を育てます。子どもデザイン教室はお絵描き教室ではありません。デザイン教育であらゆる物事をデザイン(企画設計)する人を育てる学習教室です。

 

2015年度 住友生命「未来を強くする子育てプロジェクト」文部科学大臣賞・未来大賞受賞

2017・2018年度 内閣府「子供の未来応援基金」採択事業

2016・2017・2018年度「大阪市市民活動推進助成事業」採択事業

2016年度 「CSOアワード2016」大阪市長賞受賞