一般家庭向けレッスンのご案内

小さい頃から子どもは「わがままを言ってはいけません」と言われて育ちます。しかし、18歳になると、大学で、就活で、就職先で突然自分の意見を求められます。わがままと意見表明、何が違うのでしょう?自分の意見を言った経験や習慣がなく、12年間、知識蓄積型の教育を受けてきた子どもは戸惑うしかありません。人の能力を超えるコンピュータと共に生きる社会では、知識蓄積型だけの教育から知識蓄積型+意見表明型の教育が必要と考えます。子どもデザイン教室で子どもは、自らを理解し、自らを形成し、自らを表明する方法を学びます。そのことが子どもの自己肯定感を高め、勉強や生活、さらに明日をよりよくする力になります。そして、誰かの言いなりではなく、自分の人生を自分でデザインできる人、「自分デザイナー」になってほしいと願います。ただし、レッスンはそんな小難しい内容ではありません。遊び感覚で、ゲーム感覚で「遊びながら学ぶレッスン」です。なぜなら人は遊んでいるときにこそ、一番多くを学ぶからです。真剣に子どもの未来を考えておられる方をお待ちしています。

 

 

くわしくはこちらから